ゴヤ サトゥルヌス

27.02.2010
著者: Koshiro

一方で ゴヤの絵画は、子どもを殺すサトゥルヌスの姿をあからさまに狂人のように描いている 。自身の子どもの一人に権威を剥奪されることに恐れを抱き、突き動かされたサターンの姿を描いているのかもしれない。. 着衣のマハ (年年頃、プラド美術館蔵).

ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ 原初の命令 日本画 ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目.

ゴヤは子どもに怖れを抱くサトゥルヌスを描いた。サトゥルヌスの子どもの頭部や左腕の一部は食べられている途中で、右腕はおそらく食べつくした後の状態である。 絵画全体は暗めの色調だが、唯一明るい箇所は、子どもの肉体から流れる血のと子どもの背中をえぐるようにつかむサトゥルヌスの白い拳である。 なお、もともとの絵画では、サトゥルヌスの勃起したペニスが描かれていた跡があるが、一般に公開するにあたって意図的に他人に塗り消された可能性があるという。 「若者と老人の争い」「あらゆるものが破壊される時代」「神の怒り」「当時のスペインの状況の寓意表現」 など、本作は非常にさまざまな解釈がなされている。 当時、スペインはナポレオン戦争に巻き込まれ革命と戦争の時期で多くの若者が亡くなったので、その事を寓意的に表現 しているというのが最も有力な解釈の1つとされている。 ほかには、ゴヤとゴヤ自身の息子との関係を表現したもので、ゴヤの息子シャビエルは流産を繰り返した6人兄弟のなかで唯一成人まで生き残った一人息子だった。また、家政婦で愛人の可能性があったレオカディア・ウェルスとの関係性を表したものと解釈されることもある。.

首頁 更新履歴 画家 写真 スカルプチャー 現代美術家 建築 イラストレーター 映像 映画 漫画 芸術運動 アウトサイダー・アート 作品解説 サブカルチャー 書籍 ファッション ストリート・アート モデル スポット その他 グラフィック・デザイナー ポスト・モダン 芸術家一覧 作品一覧 芸術様式・運動 連絡先. 英語では サターン 。 ギリシア神話 の クロノス と同一視され、 土星 の守護神ともされる。妻は オプス 、あるいは レアー とされる。.

: Wikipedia.

ゴヤはピーター・ポール・ルーベンスの年作《サターン》から影響を受けているかもしれない。ちなみにルーベンスの《サターン》はゴヤに比べると明るめで、より神話に忠実に描かれており、ゴヤのような凶悪に満ちた表情ではない。 しかしながら、批評家の中にはルーベンスの描写のほうが恐ろしいというものもいる。ルーベンスのほうのサトゥルヌスは無垢な子どもを冷静な態度で、無慈悲に殺している。. このように、40歳代にさしかかって、ようやくスペイン最高の画家としての地位を得たゴヤは、 年 、不治の病に侵され聴力を失う。今日ゴヤの代表作として知られる『 カルロス4世の家族 』、『 着衣のマハ 』、『 裸のマハ 』 [注釈 1] [2] 、『 マドリード、年5月3日 』 [注釈 2] [2] 、『 巨人 』などはいずれも、ゴヤが聴力を失って以後の後半生に描かれたものである。. 首頁 更新履歴 画家 写真 スカルプチャー 現代美術家 建築 イラストレーター 映像 映画 漫画 芸術運動 アウトサイダー・アート 作品解説 サブカルチャー 書籍 ファッション ストリート・アート モデル スポット その他 グラフィック・デザイナー ポスト・モダン 芸術家一覧 作品一覧 芸術様式・運動 連絡先.
  • サートゥルヌスは四頭立て馬車( クアドリガ )に乗る姿でも表され、同様に表現される ヘーリオス と同一視される存在である。.
  • 絵画 『 裸のマハ 』(年—年頃) 『 着衣のマハ 』(年—年) 『 マドリード、年5月3日 』(年). リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目.

風俗画と肖像画の境界線上にある作品

一方で ゴヤの絵画は、子どもを殺すサトゥルヌスの姿をあからさまに狂人のように描いている 。自身の子どもの一人に権威を剥奪されることに恐れを抱き、突き動かされたサターンの姿を描いているのかもしれない。. このように、40歳代にさしかかって、ようやくスペイン最高の画家としての地位を得たゴヤは、 年 、不治の病に侵され聴力を失う。今日ゴヤの代表作として知られる『 カルロス4世の家族 』、『 着衣のマハ 』、『 裸のマハ 』 [注釈 1] [2] 、『 マドリード、年5月3日 』 [注釈 2] [2] 、『 巨人 』などはいずれも、ゴヤが聴力を失って以後の後半生に描かれたものである。.

ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. 着衣のマハ (年年頃、プラド美術館蔵). ユーピテル ユーノー ミネルウァ アポロー マールス ウェヌス メルクリウス ディアーナ ネプトゥーヌス ケレース イ・スンギル 夢小説 ウェスタ.

  • ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン.
  • ギリシア神話 エトルリア神話 ディー・コンセンテス アルバ・ロンガ 古代ローマ 王政ローマ ローマの七丘 シビュラ エトルリア 印欧語族 シンクレティズム カピトリヌスの三神 アッピアデス. 典拠管理 GND : LCCN : no SUDOC : VIAF : WorldCat Identities : viaf

GND : LCCN : no SUDOC : VIAF : WorldCat Identities : viaf .

カテゴリ : フランシスコ・デ・ゴヤ 18世紀スペインの画家 19世紀スペインの画家 スペインの風刺作家 ロマン派の画家 聴覚障害を持つ人物 バスク系スペイン人 アラゴン出身の人物 年生 年没. 我が子を食らうサトゥルヌス 「黒い絵」の代表作. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

70. : Wikipedia.

ポータル:神話伝承 カテゴリ. この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 出典検索? サートゥルナーリアでは、人々はろうそくや小さな人形を贈物として交換した。この風習は、のちに キリスト教 における クリスマス に受け継がれたという。.

- - - - .

画家 : フランシスコ・デ・ゴヤ

tagPlaceholder カテゴリ: 作品絵画フランシスコ・デ・ゴヤ. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. 当時のスペインの自由主義者弾圧を避けて 年 、78歳の時にフランスに 亡命 し、ボルドーに居を構えた [3] 。 年 マドリードに一時帰国し、宮廷画家の辞職を認められる。ゴヤは 年 、亡命先の ボルドー において82年の波乱に満ちた生涯を閉じた。.

 また調べる...