海軍兵学校長

05.06.2010
著者: Yasuo

小沢英夫 中佐. 尾崎武男 少尉.

白石信則 少尉. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. 兵学校には、よく海軍の現役・退役の先輩がやって来た。井上の着任以前は、その都度、全校生徒を集めて、先輩の講話を聞かせる例であったが、井上はこれを止めさせた。井上は「大将だって何を言い出すか分らない。自分の方針に反するようなことを言われては迷惑至極だ。例えば、校長時代にダルトン・プランという『天才教育』を主張した永野修身元帥が生徒の前で『おのれの天分を伸ばせ』などと言われたら、自分のしている百日の説法も屁一つになってしまう。ただでさえ、生徒たちは、自分の好きな学科だけやって嫌いなものをなおざりにする傾向があるのだから尚更である」と回想する [] 。.

三上卓 中尉. 前田鉄志 中佐. 池田周作 中佐.

12 .

昭和 16 年4月4日. 吉田正一 大佐.

工藤勇 大佐. 塩冶譲二 少佐. 明治3年 10 月 27 日. 井上自身は、軍人恩給のみではいずれは生活が行き詰まると考え、長井の自宅を売却してもう少し便利な場所に小さな家を建て残金を老後資金に充てたいと考えていた。ところが、この頃の井上宅は自動車の入れない細道を歩いて行かないと玄関先に辿り着けなくなっており、横須賀市の市街地や逗子方面へ出るのも困難、かつ別荘地としての発展も見込めず [63] 、井上の期待する、代替の住宅と老後資金を確保できるだけの値で売れる見込はなかった [] 。 年 (昭和39年)、井上の兵学校長時代の教え子で、井上に心酔しており、実業界で成功を収めていた深田秀明が、井上を「子供(兵学校生徒)が立派に成長して小遣いを持って訪ねて来たのに、それを受け取らぬ親(兵学校長)がどこにいますか」と言う理屈で説得して、金銭援助を受け入れさせることに成功した [] 。深田は、まず井上を自分の会社の顧問として顧問料を月々支払い(当初は5千円、年(昭和43年)頃から1万円 [] 化物語 漫画 ギロチンカッター [] 。井上は深田の好意を受ける代わりに土地家屋を無償で譲渡したいと深田に申し入れ、固辞した深田が井上の再三の申し出に負け、井上宅を深田の会社が「適正な価格」で買い取った。深田は複数の不動産屋に井上宅の時価を評価させ、売買契約書を 公正証書 とした。契約内容は「井上夫婦のいずれか一方が存命中は無償で不動産を使用でき、売却代金に加えて、管理費用として毎月一定の金額(5万円。 [] )を深田の会社が井上に支払う」という破格のものであった [注釈 41] 。.

黒田吉郎 大佐. 冨永謙吾 中佐.

[] [] [] [] 44 [] [] 4073 [] .

松本寿 大佐. 山下正男 大佐. 入佐俊家 少将. 次代: 沢本頼雄.

北村与策 中佐. 中村省三 大佐. 田中新護 少尉候補生. 神田 関野 武夫 大佐. 大平政二郎 大佐. 大坪信義 中佐.

75 [] 751875 46122081 [ 31] 23!.

ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. 磯部 市川 旦 中佐. 高木恒三 大尉. 高橋勝一 中佐or大佐.

 また調べる...