照屋全明 本

22.11.2010
著者: Hachiro

丙一 境抉擇. 丁一 敘金剛護法.

告白無視は告白されて気持ち悪かったから無視するんですか? 告白には尋常じゃない勇気がいるのに、ごめんなさいと断らないのは可哀想とか、気持ち悪い人には思わないんですか? ということは気持ち悪い人は生きていてはいけないということですね。. ゆきさん、私にもタロット占いしてもらえませんか? 付き合った期間が短く、お互いに完全に仲良くなる前にすれ違いや行き違いが起こり、全く連絡が取れなくなった彼がいます。 対して仲良くなる前に音信不通になっ たので、 もう私の事など忘れてしまったでしょうか? しかしいつまで経っても忘れられず、 頭から離れません。 せめて彼の私に対する気持ちや、復縁などをみてもらえないでしょうか? よろしくお願いします。.

丙、注重在行 佛學有境、有行、有果。境者,知識之對象;行者,實地之修習;果者,功效之確證。三者雖有偏重,決無偏廢;非如世間講學,只求知解,不求效果。故佛經有注重在境而多分說境者;有注重在行若果,而多分說行說果者;亦有平均說之者。此經則特重於行,雖說境而明境在行,難說果而明行之果。如文殊請問如來本起因地法行,其所對境,乃起行之因地可見。普賢、普眼二章,全明修行。他如說行位、行法、行過患、行方便等,皆可見注重在行。此從正面而言。又從反面亦可見此經不重知解:如金剛藏章云:『猶如空花,復結空果,展轉妄想,無有是處』。淨諸業障章云:『無令求悟,唯益多聞,增長我見,但當精勤,降伏煩惱』等。尤有進者,經名圓覺,而十二菩薩中有圓覺菩薩,此菩薩所問,乃為入手方便,從可見此經不特注重在行,尤特別注重入手方便之行。上來略以三條提示,則此經全部之義,已如網在綱,有條不紊。.

タロット占いお願いします 姉と意見の食い違いになってしまいました。 私 女です の考えは間違っていますか? また今は姉は多分私にイライラしていたり、私のことを面倒くさいと思っていると思うのですが このまま疎遠にはなりたくありません。 関係はどうなっていきますか? よろしくお願いします. 丙、註講 古今人對於本經註釋講解者,中國、日本俱多。高麗雖有流通,而講釋者,史無可考。至講註之人,則以禪宗、賢首、天臺三家為多。至法相、真言諸家,則未涉及。據圭峰評:惟愨、道詮二註,僅略科釋丈句,無甚發揮。而悟實、堅志師資等,則不失南宗之旨。可知此經,先由禪宗弘之,南宋孝宗禦註等,皆禪宗之流。然自圭峰大疏略疏及修證了義等弘佈後,遂成賢首家要典,講註極盛。至南宋末,元粹始集天臺各師之註斯經者,成為集註,以天臺義對抗賢首。日本承之,爾後則不外台、賢對抗或折衷耳。禪宗不判教不分宗,而以當下實現之宗旨講釋此經;賢首則依五教;天臺則以五時八教判此經。此則三家講註此經之大概。現在不據三家之說,只依經文直接說明為宗旨。.

丁二 悟他境——彌勒章.

JAPAN .

戊二 許說. 壬二 三摩缽提. 庚三 正說.
  • 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 姓名判断・改名について当方女性です。現在の名前ではあまりにも姓名判断の結果が悪く、結婚を機に改名を考えております。 今考えている名前が天格5・人格17・地格25・外格13・総画29で三才は土金土 大吉 なのですが、女性の総画29は凶という情報もあり悩んでおります。 私が調べるかぎりでは「夫に対して穏和を心がける
  • 庚三 正說.

大神島の巫女(ユタ)は凄いですよ ぜひお試しあれ!

乙三 正說. 典拠管理 GND : VIAF : WorldCat Identities (VIAF経由): IDでもっと便利に 新規取得. 庚一 別說無明. 表示 閲覧 編集 宮地先輩. かなり前に占いの館に行って、半信半疑でしたが、タロットをしました。 一枚目は十字架に掛けられた男性で、私は、何かについて、誤っている様子と言いました。所が、二枚目は全く記憶になく、私が一番知りたいのは、緑の光の図で、ハートチャクラですねと言われ、少しびっくり?されたように錯覚?したのですが、緑の光の図は、何を表していますか?. 占いというのは統計でしょうか? 手相が「ますかけ線」の人は天下を取るとか、統計でしょうか?.

【開放式課程】上線連載中

己四 結說. 乙四 總結. 愛染明王は一面六臂で他の明王と同じく忿怒相であり、頭には 獅子 の冠をかぶり、宝瓶の上に咲いた 蓮 の華の上に結跏趺坐で座るという、大変特徴ある姿をしている。その身色は真紅であり、後背に日輪を背負って表現されることが多い。. 辛一 正明四相為迷悶所因.

ID. 8 8 8 8 .

' + '词条锁定,暂时无法编辑

ウィキメディア・コモンズには、 ラーガ・ラージャ に関連するカテゴリがあります。. 白銀竜京 何者 不但凡夫之起惑造業,所謂動念歸於迷悶;即二乘之沈空滯寂,所謂息念,亦皆歸於迷悶。故云:是故動念及與息念,皆歸迷悶,以答問中因何迷悶之意。. 丁一 答名字何等. 即身成仏 三密 入我我入 曼荼羅 護摩 東密 ( 古義 - 広沢流 小野流 )・ 新義. 戊三 正說. 此節別明頓根無層次之隨順。最上根人,根性猛利,即漸次而無漸次以隨順覺性。此中菩薩及眾生,即指此等根機之人。居一切時不起妄念者,遇境逢緣,不起 我法二執,謂隨處了當,不更增生妄念,非依上來凡夫、菩薩等漸次劬勞修斷。於諸妄心亦不息滅者,不起妄念,亦並非全無妄心;但有心息妄亦是妄心,故云亦不息滅。住妄想境不加了知者,妄境緣生無性,雖任運而知而不加意計度分別,故云:不加了知。於無了知不辯真實者,無了知即是無計度分別,蓋云雖無計度分別之心,而非辨別此是真實、彼是虛妄,故云不辯真實。彼諸眾生,單指末世頓根,修佛圓覺之人。是法門、指無漸次之法門,謂獨此圓頓根機之眾生,為能聞此法門而起信生解,受以自修,持以教人,無所驚畏,非餘所能也。如此即漸次無漸次,故不復有差別,故云是則名為隨順覺性。.

庚二 別明.

乙、卷帙 此經古今刻版,或為一卷,或為二卷,雖分合不同,無關弘恉。現所講者,為二卷本。惟依本經例推,佛與十二菩薩問答,前十一章,長行後俱有重頌,似乎十二段亦應有頌,惟此本則十二段無之。而南宋後之版,及周琪之夾頌集解講義等,另有大同小異之五字頌。其文曰:『是經佛所說,如來守護持,十二部眼目,名曰大方廣圓覺陀羅尼,顯如來境界,皈依增進者,必至於佛地。如百川納海,飲者皆充滿。假使積七寶,滿大千佈施,不如聞此經;若化河沙眾,皆得阿羅漢,不如聞半偈。汝等末世眾,護持盡宣說,一圓一切圓,一覺一切覺』。南宋後版有此頌者,亦有二句出入。宋以前古版,如圭峰等所註,皆無此頌。大概本經至南宋後,流通已廣,好事者因見第十二段缺重頌,乃仿例撰加。實則第十二段係流通文,可不須頌。此本經卷帙有不同處,誠恐見者疑現講本不完,故及之。. 辛一 總標. 今日、夢か寝ぼけていたのかわかりませんが、 ふと頭の中に自分の顔が怖い人型の化け物みたいな顔が浮かび上がったのですがこれは一体何を示しているのでしょうか?それとも何の意味もないのでしょうか.

 また調べる...